10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツインソウル by エンリケ・バリオス


ツインソウル by エンリケ・バリオス  徳間書店 5次元文庫
(2002年9月出版「まほう色の瞳」に加筆・修正されたもの)


この文庫本はなんと、日本人を意図して書かれたものだそう。うれしい♪
この本は、ツインソウルとの出会い、その魂の触れ合いの描写がとても甘美で、切なくて、リアル。
これを読むと内なるツインソウルを発動させるかも♪そんな気がすんごくしました。


それ以外の部分でも面白くて興味深い考察がたくさん。
今の私の琴線に触れた言葉を紹介させていただきたいと思います。


振動の高い低いについての会話から
P,155
「~何が高くて、何が低いのか、またいつもそのような状態でいたいかを決める自由は、わたしたちにあるの。
だからこそ、すべての人々が、自分はどう振動したいかを自分自身で決めて、そのときどきに選んだ現実を生きているの。」


P,276~277
「あと数分死ぬと宣告されたら何を後悔する」と主人公がツインに聞かれた会話から
「確かに、ぼくの根底には虚栄心があるね。人々に認めてもらいたいと思っているよ」
「どうして?」
「だって、名声や尊敬や評価を受けるからね・・」
「人々があなたを認めるということは、あなたへの好意ととることはできる?あなたがノーベル賞を欲しいのは、それが動機?」
少し考えて、確かにそのとおりだと思った。
そんなふうに考えたことはなかったが、もはや自分の中にはさもしい部分などないと感じた。
人々に認めてほしいと思うのは、その根底には人々からの好意を求めているからだ。
「人々が自分を好きになってくれるように、何かすてきでよいことをする」ということだった。
真実はそのように単純なもので、「エゴ」というようなものではなかったのだ。

「~生きている動機って、みんな愛情に関することだよ」
~~
「~愛しているから、生きていたいんだ。ぼくたちの動機は愛なんだ・・・。
~愛がぼくたちを突き動かすんだ!」



P,294
「建設するより、壊す方が簡単なのね」

「愛に反して・原子力を投げつけるのではなく、つまり、破壊をさがす代わりに、愛に光をあてる方法を見つけるとか、最も崇高で敏感なエネルギーをさがす努力をするべきね。~」


ちなみにこの本ではプレアデスにもいきます。


私は、いまちと、アルクトゥルスの教育に興味がわいてきました。
ぼちぼち腑に落ちてくるといいなとなんとなく感じています。




「ツインソウル 」by エンリケ・バリオス
ご興味をもたれた方は是非手に取られてみて!
アマゾンへのリンクはこちら




スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

森山真名(まな・みこ)

  • Author:森山真名(まな・みこ)
  • Harmonious Creation
      (ハモくり)
      

    ハッピーコンサルティション、α-healing (Alpha-healing)ヒーリングセッションシリーズ、開運産土神社リサーチ、土地の浄化活性化、講座、その他の特別セッション、天命開名コンサルティション、心身エナジートリートメントメルマガ、さまざまな手法を駆使して豊かな開運をサポートします♪

    素敵な人生、日本、世界にしていきまっしょ☆


    エナジーカフェ、スターシップイベントを不定期に開催中。
    ほっこり、お茶しにいらしてね~^^


最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。