05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スサノオさま

☆スサノオさま☆

神社の調べ物してたら、スサノオさまについ脱線。



織田信長とスサノオさまとの関連性についての読み物ブログ「神話探偵団 スサノオを探せ」が楽しいです♪


織田信長さんは、スサノオを主祭神とする津島神社を氏神としていたそう。

天主と名乗っていた信長は、その意味に自らを天王・スサノオの後継者であるということを含めていたとか。
(ご本人のみぞ知るって感じですね)


神話探偵団 スサノオを探せ→こちら


私は、織田信長と関連する人では、明智光秀の三女・細川ガラシャが特に好きです♪



個人的にスサノオさまを連想するのは、今のところ、日本では、ヤマトタケルと、平将門と、織田信長です。


スサノオさまは、若かりし荒ぶる神様な印象が強いですけど、植林の神様でもあったりします。
植林をされたことが書かれているんですね~。


愛知県の津島神社には、スサノオの和魂がおられるとか。
織田信長さんのイメージだと、荒魂という感じがしますが、戦国の世を終りに導いた立役者の一人かと思います。

津島神社HP→こちら



幸魂・・智恵・洞察力をつかさどる魂
奇魂・・奇しき力(奇跡など)をつかさどる魂
荒魂・・この世に現象化をもたらす働きをする魂
和魂・・調和・統合する働きをする魂



「家津御子大神」は、スサノオの別名であり、幸魂であり、熊野権現の主祭神でもあり、阿弥陀如来ともされています。

阿弥陀如来さまにもなるの~???^^
個人的には、いまのとこ、インスピレーションわいてこないですね~。


阿弥陀如来、画像検索は→こちら


阿弥陀如来さまは、どっしりとした安心感がありますね~♪



八坂神社のHPには、こんな記事も
「神仏習合の風潮の高まりの中で、牛頭天王の本地仏は地蔵菩薩、素戔嗚尊の本地仏は薬師如来とされた 。泰山王の本地仏が薬師如来であったため、素戔嗚尊ととの習合関係が生まれ、また、泰山府君(赤山大明神)の本地仏が地蔵菩薩であり、牛頭天王 と胴体視されてゆくこととなった。」

地蔵菩薩と薬師如来も~?


薬師如来の画像検索→こちら

癒されます~^^



八坂神社のHPは→こちら





神仏は、表裏一体だそうですが、仏様の世界とは、まだまだ結びついてきていません。
ボチボチ知っていきたいところです。


ちなみに、スサノオの奇魂は「武塔大神」という別名として存在されていたりもするとか。




スサノオさまといえば、出雲の地


須佐神社→こちら
江原さんもお勧めされてましたね~。
一度訪れる機会をもて、張り詰めた感じの神気を感じました。




八重垣神社→こちら

八重垣神社は縁結びの神様としても有名ですね。
やさしいエナジーにつつまれてる感じがしました。

男根の木彫りの像がたくさんおさめられているところもあって、視覚的にはちょっとびっくりな光景でした(^_^;)

子宝飴が、近くのお店で売っていて、これの見た目にもビックリです。


出雲から帰ってしばらくして、子宝に恵まれた私です。
(怒涛の変容の本格的スタートともなりました(^_^;))


出雲で今訪れたい神社は、八重垣神社です。また訪れたいです。


スサノオさまが詠まれた、「八雲立つ出雲八重垣妻込みに八重垣造る其の八重垣を」
この和歌を、和歌の発祥とするという説も・・・。

「八雲の道」といえば「歌道」のことだそうです。
ということは、スサノオさまは、和歌の神様でもあるわけですね~。
文化の神様の面も。

すべての人にあらゆる面があって、どこがたくさん出てくるかは人それぞれだと思うけど、スサノオさまも、たくさんなわけなんですね~。



こちらは、おとずれたことがないですが、

須賀神社→こちら



関東なら

大宮の

氷川神社→こちら

氷川女体神社→こちら(こちらは、大宮の氷川神社を「男体社」とし、こちらの社を「女体社」としたもので、奇稲田姫が主祭神です)




今日もスガスガしい♪^^



スポンサーサイト

comment

山陰の出来事

 私が共同研究をしている日立金属の安来工場がある島根県安来市は、奇跡的に錆びずに大刀が出土していてそれが出雲市の古代出雲歴史博物館に飾られているとのこと。しかもその出土地に近いところに須賀神社というものがあるということを聞き及んだので、いってみました。それは、富田八幡宮というところの境内社としてあるのですが、なかなかな古雅をただよせている、社でやはりスサノオノミコトが草那芸之大刀を鋼刀として開発したという説がなんとなく真実味をもって迫ってきました。

Re: 山陰の出来事

香取神宮の宝物殿で拝見したこちらでは昔はこちらにあって今は石上神宮にあるとされる布都御魂剣の奈良時代頃に作られたとされるレプリカを拝見しました。
その大きさと重さがなんだか面白いですね。
スサノオさまは頭の切れるお人だったんだろうなと思います。
面白い情報ありがとうございました。
Secret

プロフィール

森山真名(まな・みこ)

  • Author:森山真名(まな・みこ)
  • Harmonious Creation
      (ハモくり)
      

    ハッピーコンサルティション、α-healing (Alpha-healing)ヒーリングセッションシリーズ、開運産土神社リサーチ、土地の浄化活性化、講座、その他の特別セッション、天命開名コンサルティション、心身エナジートリートメントメルマガ、さまざまな手法を駆使して豊かな開運をサポートします♪

    素敵な人生、日本、世界にしていきまっしょ☆


    エナジーカフェ、スターシップイベントを不定期に開催中。
    ほっこり、お茶しにいらしてね~^^


最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。