05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある時代の人・続き

前回の続きです。




何が見えてないんだろう。

この中からひろってこれるもの・・・。



もしかしたら、このときの兄とのワークが残ってるのかも。
だから、見たヴィジョンの物語をあのような形でブログ上で書くことにしたのかしらん。


兄は私を信頼していたからこそ、行かせる決断をしたのかしらん。
私を高く買っていたからこそかしらん。
私が戦というものを、そのような形で表現される男の世界を、よくわかっていなかったところに、行き違いが生じたのかしらん。


お兄さん、ごめんなさい。
ゆるしてね。
ごめんなさい。

お兄さん、ありがとう。
愛しています。



私は、こういうとき、私の中のこの人となって泣いている。



しばらくして、甘い・・とツインがポツリと一言。

甘いのかな。



私が、帰ってこれる可能性がどれくらいあったのか。
私の痛みを考慮する余裕は兄にはなかったのだろう。
その状況が、兄にとって、私は、妹ではなくなり、都合の良い捨て駒とさせたのかしらん。



ネガティブな強い想いが残るところは、癒されるところ。



周りの動きを待っていたらいいのかと感じていたのか、しばらく寝かしていた。


動きはない。

静かだ。


私の心も静かだ。



・・・・


お兄様は、どうなったのだろう。

きっと、きちんと見るのがいい。



今の私は、兄を兄と思わなくなった(慕っていた兄から突然、見捨てられた、死んでこいと言われた感覚)ところで、兄への感情・思考がストップしている。

ここは、滞っているところだ。


そういえば、今生で、私が死にたい気持ちでいる時、死ぬように言葉として言われ、心凍らせたこと、そう言った相手を、自分の心から切り離した記憶が何度か思い起こされる。

紐解けてきてる?(^_^;)



見てみようとして、とりあえず自分のレコードに入って、もう少しその情報が入ってくるかみてみた。

この兄は、次兄かもしれない。
長兄は、戦で亡くなっていて、次兄は、戦況不利な中、戦での陣頭指揮を取る立場になったのか。

私は次兄の死は人伝えに聞いただけにとどまっていた。

兄は無念の思いで亡くなったにちがいない。


兄が亡くなり、このタイミングで、和睦の申し入れがあり、いろんな背景、状況判断があり、周りと調和をはかり、和睦の条件調整などし、父は和睦を受け入れ、和睦となった。



ツインは、父からの和睦の条件を満たそうと働きかけたが、難しいことだったのだろう、かなえられないものがあった。
ツインが信頼のおける官吏がそこに派遣され、妹は、そこに輿入れした。

母は、みんなを説得した。
父の手紙が、心を動かしたかもしれない。



このとき読んでいた密教の本。

その中である密教僧の方は、同じく密教僧のおじいさまから、500年先を見て、考え、行動するようにと教えられたそうです。
500年はすごいですね~。

ちなみに、天使さんの時間感覚は、3次元を実際に生きている私たちとはかけ離れているだろうと感じていたのだけど、お友達とメールでそんな話が出たら、天使さんに造詣が深い方のセミナーで、天使さんは時系列が3次元的なものの見方で把握できていないとかいう話がでたとか。
おかげさまで、さもありなんと納得しました。
人間の経験を生きたあと、天界に帰って、すぐに天使さんしてる状況な天使さんは、そんなことはないのかもです。

宇宙の大いなる意思と調和して、ありたいなと感じます。


ちょっと脱線しましたね。



密教・・・。


法力は、方便。
即身成仏へと導く方便。




キリスト教が、政治、権力と結びつき、宣教師を派遣し、その後、武力が入ることもあり、その地が、植民地となっていったと見ることもできる。

天照大神をかかげ、大和朝廷として、日本が、中央集権国家として形をととのえてきたのもしかり。




パワー、権力、時代の流れ・・・・。



その中でたくさんの痛みが生じた。



痛みは、負わせたものが、受けたものの痛みを、本当に感じること、魂が知ることは、同じことを体験しないと、想像力が、そこまで働かせることはできないのだろう。
それが、カルマの一側面でもあるのかも。


ある神話の話。
彼が見えていたもの、彼女の立場から彼女が見ること、理解することができなかったものから、彼女がとった行動、そして、彼がとった行動。


女神の時に、自ら発案し、大きな闇にかなり近づくことで、闇を引き上げようと地上に出向いた、あのときの、あの彼。
彼が落ちていく過程に気付けなかった。
私の経験も足りなかった。



みな、光であり、闇であり、はじまりは、同じ。



自分の中の光と闇と、どう共に生きて、行こうか。

どう、光を活かし、闇を活かそうか。






お兄さん、ごめんなさいね。


お兄さん、ゆるしてね。




お兄さんは、愛されています。

感謝されています。


許しを請われています。










お兄さん、ありがとう。













スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

森山真名(まな・みこ)

  • Author:森山真名(まな・みこ)
  • Harmonious Creation
      (ハモくり)
      

    ハッピーコンサルティション、α-healing (Alpha-healing)ヒーリングセッションシリーズ、開運産土神社リサーチ、土地の浄化活性化、講座、その他の特別セッション、天命開名コンサルティション、心身エナジートリートメントメルマガ、さまざまな手法を駆使して豊かな開運をサポートします♪

    素敵な人生、日本、世界にしていきまっしょ☆


    エナジーカフェ、スターシップイベントを不定期に開催中。
    ほっこり、お茶しにいらしてね~^^


最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。