09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上だけではなくて、下につながるのも大事


最近のいろんな体験や、智者のいくつかの資料を拝見したりして、私の感じるところがどこかでつながってるようで、下につながるのも大事、そうしっくりきそうな感じがしてます。


下につながっていく中で産土さまや、住んでいる土地神さまとのつながりも、キーになってるんじゃないかと、感じています。
感覚として、産土さまや鎮守様とつながることの大切さは、感じているのだけど、これは、ちゃんと仕組みがあるのかもと感じ始めています。


言葉にして、まとめられないのだけど、そのつながりを感じさせるものを書いてみたいと思います。


あなたの中ですぐでなくてもスパークしたりしたら、是非シェアしてくださいね^^



今回かなり長いです。


ツインと共にクンダリーニ上昇で、根源(太陽系銀河を越えた無数の銀河の中心でもあり、宇宙全部でもある)を体験するときに感じたこと。

私は、根源で、無数の銀河の中心と、同時に、宇宙全部である。
はじまりであり、終わりである。
私は器である。

で、ツインは、その中のベクトル。
ベクトルがあって、はじめて、ただあるところから、生れるもの。

はじめに光ありの、光。

光の前に闇があり、闇は、器とベクトルとが一緒に混ざった、混沌である状態なのかな~。


ベクトルが道をいって、はじまりと、終わりがあり、そこに広がりが産まれる。


はじまりと終わりはどちらも重要ポイント。
中心と全体はどちらも重要ポイント。


器とベクトルはどちらも大切。
どちらも、不可欠な、大切な存在。


ツインが思いついて、そうなってみたんだけど、私が男性で、ツインが女性になって(ある前世を想定します)、クンダリーニ上昇をおこなってみました。
まだ最後までうまくいってないけど、反対のことを体験できるのかもしれないなとも感じました。
どんなふうに感じられるのかな~、器とベクトルとでは、感じ方は、ずいぶん違うのかもしれないですね~。




ちょっと話が飛ぶような感じがするかもしれませんが、つながりがあると感じる話をいくつか・・。
(どれが合ってて、ここは、違うっぽい、表現がおかしいとか、細かい間違いを探したりとか、そういうことではなくて、宇宙の深淵を、自身で認識していこうとするためのとってもありがたい材料として・・)



ゲリー・ボーネルさんの「超入門・アカシックレコード」より
(アカシックレコードに入る誘導瞑想や呼吸法などもありますが、それ以外の情報も、ここで紹介させていただく以外のものもすんごい面白いです~。赤線ひきまくりです~^^)

超入門 アカシックレコード (5次元文庫)超入門 アカシックレコード (5次元文庫)
(2009/08/06)
ゲリー ボーネル

商品詳細を見る



それによると、私たちって、二つの存在からなってると・・・。

「魂」だけではなくて、肉体を作っているエナジーというものにも分けられて、それを「身体感覚意識」と呼ぶと・・。


「身体感覚意識」は、肉体がなくなったあとも継続して存在し、同じ家系の中で転生する・・。

それは、潜在意識とも呼ばれ、初めて物質が地球に生れてからの何億年物記憶や知識が入っている。

死後は魂からわかれて、感覚意識体として継続し、新しい肉体をつくって、また別の魂を迎え入れることで、転生を継続していく。

図(クリックしたら大きく見えると想います)

KC3I0556.jpg



魂が自分の中に入ってきたときに、身体感覚意識は自分自身を知ることができる。
身体感覚意識が自意識を獲得する。


魂ははじまりの瞬間を知っていて、身体感覚意識は知らない。

身体感覚意識は最終形態(この意味がよくわからないのだけど・・)を知っているけど、魂の方はいつでも最初の瞬間、はじまりの瞬間に固定されている。(ここの意味もよくわからないのだけど・・。魂の欲求はいつでもはじまりへの回帰ってことかしらん?)

その二つが一緒になることによって、マクロの視点とミクロの視点が両方備わるということです。




魂はよく出てくるものと同じと考えていいと思います。(ハイアーセルフ、オーバーソウル・・・・・)

私たちは、上を、根源への回帰を目指しています。



ここで重要なのは、「身体感覚意識」


「身体感覚意識」のエネルギーは、死後、「ガフ」という、地球のエーテル体に接して平行している次元に生きます。

カトリックでは、そこをパーガートリー、煉獄(れんごく・待っている場所・地球の波動ととても近い)と言うそうです。
(魂は、グループソウルが迎えに来るけど、身体感覚意識はガフに自力で行く。身体感覚意識のエネルギーを静めるために、祈りや、マントラ、言祝ぎしたりするのはとても良い)

ガフは地球次元の一部。

地球の周りをいくつものエネルギーの層が覆っているのだけれど、一番下が地球のエーテル体で、ガフがすぐその周りにある。

ここで、地球上の生命体の肉体がつくられる。

精子が卵子の細胞膜を突き抜けるときに、シグナルのようなものがおくられて、ハーモニクスの似通った身体感覚意識が本能的(種の存続のために)に引き寄せられて降りてくる。

魂は妊娠後期の3カ月ぐらいで入ってくる。





もう一つ別の参考文献を・・。

ドランヴィロ・メルキゼデクさん「フラワー・オブ・ライフ・第2巻」

フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉
(2005/09)
ドランヴァロ メルキゼデク

商品詳細を見る




ハイアーセルフ(高次自己)
ミドルセルフ(中位自己)
ロウワーセルフ(低次自己)
の話。





これをゲリーさんの話などと関連付けてみると、多少なりとも交わるのではないかと感じたのだけど、どうなのでしょう。


ハイアーセルフ ≒ 魂
(ドランヴィロさんは、ハイアーセルフをここでは、こう表現されています。
ロウワーセルフが地球であるなら、ハイアーセルフは、それ以外に存在しているもの全て。すべての惑星、恒星・太陽、銀河、さまざまな次元など、あらゆるものがハイアーセルフ)

ミドルセルフ・・・これは、一霊四魂か、直霊にあたるのかな~。限定されたミドルセルフという表現があるから、顕在意識とかエゴとかそういう感じなのかしらん。どうなんでしょう。

ロウワーセルフ ≒ 身体感覚意識



「ロウワーセルフ」
母なる地球
私たちの「無意識」
地球上すべての人だけでなく、地球上のあらゆる生命体を把握し、時間も越えている。



そして、ドランヴィロさんの話は、ハイアーセルフにつながるという点からの話の中で出てくるものなのですが、
「人は、ロウワーセルフにつながってからでないと、ハイアーセルフにつながることができない」と・・。

そうでないと、全くつながることができないかどうかは、そうなのかな~という感じもしますが、ロウワーセルフにつながることが、重要という点については、しっくりきつつあります。


自分のロウワーセルフにつながるためには、地球を愛し、地球と遊ぶことから始めなければならないというのが世界中の先住民族の信ずるところ



また、ちょっと言葉が難しく感じるのですが、これもゲリーさんと似たようなことを言っているように感じる参考文献を・・。


「エソテリック・ティーチング」byダスカロス

エソテリック・ティーチング―キリストの内なる智恵 秘儀的な教えエソテリック・ティーチング―キリストの内なる智恵 秘儀的な教え
(2006/12)
ダスカロスハラランボス ランバート

商品詳細を見る


私たちの中には潜在意識と呼ばれる知性の領域があり、そこは、全なる愛、全なる知恵、全なる力のためのクリエイティブセンターとして機能しています。
聖霊である神は、人間の中でみずからを表現しています。
非人格的に見えるものの、聖霊は私たちの潜在意識を基盤として物質的な肉体と他の身体をつくり、育んでいます。
またそれが、私たちの体に超自然的な特質を与えているのです。
たとえば種の保存のために精子をつくり、のちに受胎させる能力もその一つと言えるでしょう。
つまり、私たちが潜在意識と呼んでいる、この超知性の働きは聖霊の部分であり、決して過小評価してはいけないのです。

肉体は原型に従って創造されていて、この原型の基盤は、サイキカル体にあります。
物質的な肉体は、潜在意識的なサイキカル体(感情体)とノエティカル体(思考体)を持っています。
それらは、人間のイデアである天なる人間の中で、聖霊とキリスト・ロゴスによってつくられたものです。

この原型と共に、サイキカル体とノエティカル体の創造に欠かせない重要な要素が、聖霊と大天使的人間の任務です。
聖霊と大天使的人間は、人類に共通して与えられる特質とは別に、人間に永遠の原子が永遠のパーソナリティに刻み込んだ全データを忠実に移し替えているのです。








もう一つ、私の体験を・・。

一人でクンダリーニ上昇が起こって来て、不思議なことを感じたんですよ~。
第一チャクラ・・・あまりよくわからないけれど、パワー関係の世界っぽかったかも。
第二チャクラ・・・畜生界(あっ、畜生界だわって、感じたんですよね~。で、素通りって感じでした)
第三チャクラ・・・人間界っぽい感じでした。
第四チャクラ・・・太陽や太陽系全体

このあとは、自然にではなく、自分で意図して上昇していった感があって、銀河の中心なども感じていったのだけど、対応関係が自分がつけた感じもしなくもないです。



人体に宇宙があったり、次元と対応してることを感じさせる体験でした。




また、身体感覚意識というものを意識していたら、ハートチャクラから、エナジーが降りていく感覚がやってきて、第一チャクラまでくると、また上昇しました。
エナジーがおりていく感覚は、不快ではなく、△ こういう感じでエナジーが、降りていって、地に足をしっかりとつけるようなそんな感じでした。







これらのことが、まぜこぜになって私の中をしばらく浮遊していたと感じたのですが、急につながって、二つのことを考えました。



一つ目
地球の中心にグラウディングコードをつなげたり、地球の中心に愛を送ったりというワークもして、とてもステキな体験も感じるのですが、その間に産土さまや、鎮守さま(外国でも土地神さまは表に出てなくてもいらっしゃると想います。神話とかで若干残ってるのは女神が多いかしらん?)とのつながりを入れた方がより、しっくりくるのではないか、産土さまや、鎮守さまは、キーになるのじゃないかということに想いが行きました。


二つ目
産土さまは、身体感覚意識のルーツ(もしかしたら、身体感覚意識の最終形態にも)に関連するのではないかということ



はじまりと終わり、過程、対応するところ・・・。




ちなみに、「アセンションの時代」バーバラさんから
「あなたの身体は、あなた自身とあなたの血族である祖先たちの体験すべてを貯蔵しています。
その貯蔵庫には、現世やそれを越えたところにある歓びや苦しみやトラウマが収納されています。
すべてのものは遺伝子に蓄えられているので・・・・」

   ↑
シータヒーリングでアプローチする4つの層
歴史的レベル(解決される)、遺伝子的レベル、思考の核レベル、魂レベル(取り出し、取り消し、存在の根源の光に送る)
これらの重要性が腑に落ちてくる感じがします。




宇宙の仕組みに想いをはせる今回の考察は、ひとまず、ここまで。
また、知っていきたいなと思います。




関連記事はこちら → 「はかりしれない宇宙の仕組みってどうなってる?」




サンタクローズ3見ました♪

サンタクローズ3/クリスマス大決戦! [DVD]サンタクローズ3/クリスマス大決戦! [DVD]
(2008/11/07)
ティム・アレンマーティン・ショート

商品詳細を見る



これまた、サイコーなんです♪
1も2も好きだけど、3めちゃめちゃいいです。

おとぎのサンタと妖精の国でハートをとろけさせちゃえるかも♪

3では、個性的でキュートないじわるな悪役が登場します。
彼がと~っても大事なの。



いよいよ冬至ですね~。

今年の冬至は、2009年12月22日 時刻:02:47とありました。

 → 自然体験活動QQ隊


「ゆず湯」もいいですね~^^

  


スポンサーサイト

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは~♪

おおっ♪初耳だった、「身体感覚意識」しっくり来られたんですね~。

私ははじめて読んだときは、???で、いろいろつながってきたという感じでした~^^

ワークされて何かわかったら、是非シェアしてくださ~い♪
宇宙の深淵に触れるのって面白いですね~^^
Secret

プロフィール

森山真名(まな・みこ)

  • Author:森山真名(まな・みこ)
  • Harmonious Creation
      (ハモくり)
      

    ハッピーコンサルティション、α-healing (Alpha-healing)ヒーリングセッションシリーズ、開運産土神社リサーチ、土地の浄化活性化、講座、その他の特別セッション、天命開名コンサルティション、心身エナジートリートメントメルマガ、さまざまな手法を駆使して豊かな開運をサポートします♪

    素敵な人生、日本、世界にしていきまっしょ☆


    エナジーカフェ、スターシップイベントを不定期に開催中。
    ほっこり、お茶しにいらしてね~^^


最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。