07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙の神秘への扉(宇宙の大きさをおさらい)

宇宙の大きさをおさらいという題をつけてみたけど、学校で習った記憶が全くと言っていいほど思い出せません~><

空をみるのは心地いいのだけど、目がよくなかったからか(乱視も入ってるけど遠視だったんだけどな~)、なんで、これが、おうしに見えるの???、なんでこれが双子に見えるの???と、一番宇宙に身近そうな、星座も覚えていず・・・(^_^;)(テストのためには覚えたりしたのかもだけど、それさえ思い出せず(^_^;))


子供が市民図書館から借りてきた本を寝る前に一緒に読んで、うわ♪、難しくなく書いてある♪、面白く書いてある♪と、うれしくなったのでした^^


「星と宇宙のはなし」著 前川光



おもな星までの距離
(クリックすると大きく見えると思います)

PA0_0293.jpg


PA0_0292.jpg


地球から近い順番


ケンタウルス座アルファ星・・4、3光年
シリウス(おおいぬ座)・・9光年
プロキオン・・11光年
アルタイル・・17光年

ベガ(こと座)・・27光年
ポルックス・・35光年
アルクトゥルス(うしかい座)・・36光年
カストル・・45光年

カペラ・・45光年
レグルス(しし座)・・84光年
アルデバラン(おうし座)・・100光年
アルゴル・・100光年

カノープス・・100光年
アケルナル・・120光年
スピカ・・220光年
アルシオネ(昴・プレアデス星団)・・400光年
アンタレス(さそり座)・・520光年

ペテルギウス(オリオン座)・・520光年
北極星・・680光年
リゲル(オリオン座)・・900光年
デネブ・・1600

アンドロメダ星雲・・210万光年



この光年というのは、今一つ想像しがたいものだと思います。
(大きすぎて、何億キロメートルとかでは表せないので、できた単位です。)

この本には簡単に書いてありました^^。



光年は、光が1年間にすすむ距離をもとにした単位です。

光が届く速さなんて、どれだけ速いのか、想像つきませんよね~。


光は1秒間に30万キロメートルすすむのだそうです。



30万キロ????という感じに、すでに、なってくると思いますが・・・



地球を1秒間に7回半もまわる早さだそうです。


すごい速さですね~。(これでやっと想像できました^^)




この早い光が1年間もすすみ続けた距離が、1光年です。


1光年 = 1年間に9兆4600億キロメートルすすむ = 1年間に地球を2、4億回回る



プレアデス星団のアンタレスは、光の速さで、520年もかかるのですね~。
アンドロメダ星雲なんて210万年・・(^_^;)



あなたはどの星に親しみを感じますか?


みこは、最近は、アンタレス、アルシオネに一番親しみを感じます。
ルーツにつながると感じたり、星を体験したと感じたりしました。

シリウスは、12光線に関係してるのでしょうか。
みなさま、ここを経由されてくることが多いとか。

アンドロメダは、内なる神聖へのエナジーをおろしていただくときに、評議会のようなところのヴィジョンでお会いした方がアンドロメダとおっしゃってたような気がします。(この方の別次元か、過去生かでは、金星での友人のようでした。)
アンドロメダは、アンドロメダ銀河であり、ものすごく遠かったのですね~。

ベガは、ベガ星人というのは、よく聞きますね~。


幽体離脱や、ヴィジョンの世界や、ヒーリングなどで、上昇して、地球を飛び出して、どんどん創造の根源に近づいていくときに、これらの星を途中経過するのを後で照らし合わせたりできるかもしれないな~と思ったり・・・。
(内なる神聖へのエナジーの基本ヴィジョンは、それなので、体験されてみたい方は、開運ハッピーセラピーの中でリクエストの一つとしてどうぞおっしゃってください♪)



宇宙の大きさってはかりしれないんですね~。


銀河系宇宙の直径は10万光年


PA0_0291.jpg




ちなみに、宇宙の直径が10万光年だと考えられていたときに、アンドロメダ座に210万光年もとおくにある天体が見つかって大問題となったそうです。
宇宙の直径よりとおかったら、その天体は宇宙からはみだしてしまいます。
それで、宇宙のそとにもまだ宇宙があったことがわかりました。


アンドロメダ大星雲も、私たちが属している宇宙である、銀河系とおなじような、となりの宇宙でした。

このような星雲は、1500億から2000億くらいあるだろうと、見積もられているそう。(この本は1987年のものです)


銀河星雲のひとつひとつを小宇宙と呼んで、巨大な宇宙と区別しています。



私たちが属してる銀河系宇宙(小宇宙)の大きさが、光の速さで10万年かかる距離で、
そのような銀河系が無数にあると想像してみると、もう、宇宙は、とんでもない大きさですね~。




ちなみに、ラク夢のきとりかさんに伺ったら、大人気のフラワーフォトセラピー、最後の段階の方になると(魂の核に近くなるとというような感じでお話されていたと思います)、星の写真が出てくるのだそうです。
興味深いですね^^。


ルーツなどに想いを馳せたりしつつも、ここで、どうありたいか、どうしていきたいか^^。
ますます楽しくしていきたいですね♪




我孫子のアビスタで展示されていたお花です♪

PA0_0281.jpg


もんのすごい華やかですてきでした☆


PA0_0282.jpg






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

森山真名(まな・みこ)

  • Author:森山真名(まな・みこ)
  • Harmonious Creation
      (ハモくり)
      

    ハッピーコンサルティション、α-healing (Alpha-healing)ヒーリングセッションシリーズ、開運産土神社リサーチ、土地の浄化活性化、講座、その他の特別セッション、天命開名コンサルティション、心身エナジートリートメントメルマガ、さまざまな手法を駆使して豊かな開運をサポートします♪

    素敵な人生、日本、世界にしていきまっしょ☆


    エナジーカフェ、スターシップイベントを不定期に開催中。
    ほっこり、お茶しにいらしてね~^^


最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。