05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいパンno缶詰を応援したい

最近のエナジーの影響はみなさんいかがですか?
私は、気付きがたくさんきたり、いろいろ動きがあって、面白いなと感じる日々を過ごしています。
こちらでシェアできるように感じたことがあったら随時シェアさせていただきますね(^_-)
(今はためていってる感じです^^。)

気付きたくさんっていうのは、その前にネガが来ることもあるのですよね。
ネガがきたときは、そこにはまりこむんじゃなくって、ああ、きたんだなと想ったら、向きを変えて、
そのときに合ういろんな方法を使ったりしつつ、それがどの地点に行けるかを想うのがいいですね^^

大丈夫^^
次へのきっかけになるから(^_-)



今回のブログは、ご紹介したくなったことです^^。


先日、日本国際飢餓対策機構の方のお話を聞く機会があって、そこで紹介してくださった一企業の取り組みが、とっても面白いの。


長期保存食のパンの缶詰を開発された(株)パン・アキモトさん


パンの缶詰って固いほろほろのパンと言うよりクッキーのような乾パンしか思い浮かばなかった私なんだけど、
このパンの缶詰は、ふわんふわんで、味も、感動するぐらいにおいしいの!
防腐剤が入っていない特許製法だそうです。


私が食べたのはこれ!



0010000000022.jpg


420円




保存食として公共機関が購入されていたりするのが多いそうなのだけど、大量に長期保存食として保存してるものって、必要がなければ、日の目を見ないで、賞味期限がすぎて捨ててしまうというのが通常です。

食べてこそのものという思いもあったり、世界で飢餓で苦しんでいる人が大勢いる現状を何とかできないのかという想いが合わさって、
それが日本国際飢餓対策機構の方の協力を得て形になったのが、このシステム。


「賞味期限を過ぎる前に回収して、世界の飢餓で苦しんでいる人たちに届けて食べてもらうこと。」



長期保存のパンの缶詰の賞味期限は3年。

購入された方は、2年間備蓄します。
備蓄から2年後、残り一年の賞味期限の間に、回収・輸送されて、飢餓に苦しむ国々へ届けられます。



☆賞味期限切れで届けられるのではないのね。
ちゃんとおいしい状態で届けられるの!

☆購入された方は、そうするかどうかを選択して申し込みをすると、次の備蓄分を購入するときに、少し安くしてもらえます。

☆納品と回収は、宅配業者のヤマト運輸がおこないます。(安心ですね^^)


❤おまけに、支援活動の参加者として感謝状が贈られるそうです^^




みんなが、幸せになるシステムだな~と、とってもワクワクしてきます。





このシステム、救缶鳥(きゅうかんちょう)プロジェクトは、こちらです。


こちら


ここで使われている缶詰は、缶にも工夫がされいて、切り口で手をきったりしないようになっているの。
あちらでは水をくむのに使ったり、食器として活用されたりと、重宝されるの。




このシステムとは別に、保存期間1年のパンの缶詰も売っています。


こちら


0020000000033.jpg

パンの缶詰・粒々いちご味

400円・賞味期限13か月



ギフトにもよさそうです。




このお話をしてくださった日本国際飢餓対策機構の清家さんは、最初、子供たちにお話してくださってたのだけど、アンパンマンの作者であるやなせたかしさんのお話から始めてくださいました。

やなせたかしさんは、戦争に行かれて、後方支援がない、食べ物がない過酷な状態を体験されたそうですね。

「極度におなかがすくと、どんなものでも食べたくなる。
人の肉でさえも食べたくなる。人のものをうばってでも食べたくなる。
そんなのはもうたくさんだ。」

それが背景にあって、アンパンマンが生れ、アンパンマンを創作し続ける原動力となっているそうです。



この取り組みはジャムおじさんであり、アンパンマンの取り組みですね^^




みんなが幸せになれるシステム。

工夫をして、いろんな人とつながることで実現したこのシステム。



どんどん、こんなふうに、世界がまわっていくといいな、そんなふうに感じました。




ちなみに日本国際飢餓対策機構の本部は大阪府八尾市にあるようなのだけど、私、府立八尾高校出身なのでした。懐かしい^^。(塩じいの出身校だよ)


日本国際飢餓対策機構はこちら

こちら



日本国際飢餓対策機構(Japan International Food for the Hungry: 略してJIFH)は、非営利の民間国際協力団体(NGO)。

1981 年にひとりの日本人がインドシナ難民救援から帰国したのを契機に活動を始めて、以来、アジア、アフリカ、中南米の開発途上にある国々で、現地のパートナーを尊重し、互いに成長しあう協力関係を築きながら、人々のからだの飢餓とこころの飢餓の解決のために働いているそうです。





ちなみに、愛知事務所では、「本DEリンク!」~「古本」で国際協力!という企画をされているようです。

不要の古本やCDなどを佐川急便を通して愛知事務所に送ってもらったものを、買取店で買い取っていただいたりして、その売り上げを世界の飢えと貧困に苦しむ方々のために使わせていただくというシステム。
これも面白いですね^^。



ちなみに、うちの子が通っている幼稚園では、幼稚園として、子供たちが家から持ってくる毎週の礼拝の献金などを通じて、二人の子供の里親支援をおこなわせていただいています。
その子たちとの交流をとおして、子供たちが、世の中を考える良いきっかけにもなっていて、親としてはとてもありがたいな~と感じています。

学校や幼稚園でこんな取り組みをするのっていいなと思います。
明日を担う子供たちの根底に入っていくんじゃなかいかなと感じます。





一人の力も小さくないけれど、こうやって、大きく広がっていけるんだなと感じます。

ワクワクしてきます^^




今日もあなたにたくさんの豊かさと、次へとつながる気づきと、幸せな感じがやってきますように☆

今も、たくさんの豊かさがあるけど、ますますのね♪


みこのも是非祈ってくださ~い♪



















スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

森山真名(まな・みこ)

  • Author:森山真名(まな・みこ)
  • Harmonious Creation
      (ハモくり)
      

    ハッピーコンサルティション、α-healing (Alpha-healing)ヒーリングセッションシリーズ、開運産土神社リサーチ、土地の浄化活性化、講座、その他の特別セッション、天命開名コンサルティション、心身エナジートリートメントメルマガ、さまざまな手法を駆使して豊かな開運をサポートします♪

    素敵な人生、日本、世界にしていきまっしょ☆


    エナジーカフェ、スターシップイベントを不定期に開催中。
    ほっこり、お茶しにいらしてね~^^


最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。