07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆みこの多次元、千夜一夜物語☆ 第3話


前回のお話の続きです。


このお話を読むにあたって、まず、ひとつ前の記事「ものがたりのはじめに」をお読みください。

 
 こちら → 「ものがたりのはじめに」
 
 第1話は、こちら → 「第1話」

 第2話は、こちら → 「第2話」



このお話はフィクションです。(みこのヴィジョンの世界とたくさんか、少しなのかどこまでリンクしてるかはご想像におまかせします)


さて、I姫が、みこの中に入ってきたと感じたみこでした。


同化しないといけないの?なんでわざわざ同化を?
いつもの神かえるワークじゃだめなの?

ぶつぶつ言いながらも、受け入れる。
健在意識はいろいろ言ってるけど、みこの潜在意識がそれを受け入れていることを感じてはいる。
I姫が入りたくて入ってるというよりも別の大きな働きが主で、みこのハイアーセルフの望みでもあるのだろうと、このエナジーの大きな作用を想像する。




入ってきたときの感触は、そう、とても、大きい。
そう、そして、とても光が強い。
これは、大地そのもの。

前に受けたとき以上に大きなものを感じて、感嘆していた。


起きてきて、この物語を書き始めて、眠くなったので眠った。


次におきて、活動していると、ぶつぶつと声がする。
これはI姫。

「どうして封印なんてされなくちゃいけないのよ。」



ちょっとひくつめに感じたときもあったのとは、全然違う。

怒ってるのは、浄化の段階を上昇してるってことでいいことなのかしら。



そりゃあ、そうだろう。
自分で了承の上で封印されたのなら、まだ納得するところもあるだろうけど、
また、3次元の人間の時間の感覚と異なるだろうけれど、この気の遠くなる時間だ。

3次元から、想像してみるみこ。




夜寝る前。
同化してるんだっけ?
I姫はどうなってるのかしらと、焦点を合わせる。



はんにゃのようなお顔が見える。





ふらりふらりと気ままに次回へ続きます♪




ここを見てくださったあなたに、今日もたくさんの豊かさが、どどど~ッと、たくさんやってきて、楽しみあふれ、歓びと豊かさが、伝染していきますように☆

みこのも是非祈ってくださ~い♪


           みこ^^


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

森山真名(まな・みこ)

  • Author:森山真名(まな・みこ)
  • Harmonious Creation
      (ハモくり)
      

    ハッピーコンサルティション、α-healing (Alpha-healing)ヒーリングセッションシリーズ、開運産土神社リサーチ、土地の浄化活性化、講座、その他の特別セッション、天命開名コンサルティション、心身エナジートリートメントメルマガ、さまざまな手法を駆使して豊かな開運をサポートします♪

    素敵な人生、日本、世界にしていきまっしょ☆


    エナジーカフェ、スターシップイベントを不定期に開催中。
    ほっこり、お茶しにいらしてね~^^


最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。