10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆みこの多次元、千夜一夜物語☆ 第8話

I姫の章は、一段落したようですが、
新たに何かやってくるでしょうか。



このお話をはじめて読まれる方は、「ものがたりのはじめに」をお読みください。

 
 こちら → 「ものがたりのはじめに
 
 第1話は、こちら → 「第1話」

 第2話は、こちら → 「第2話」

 第3話は、こちら → 「第3話」

 第4話は、こちら →「第4話」

 第5話は、こちら →「第5話」

第6話は、こちら →「第6話」

 第7話は、こちら →「第7話」



このお話はフィクションです。(みこのヴィジョンの世界とたくさんか、少しなのかどこまでリンクしてるかはご想像におまかせします)




みこは時間ができて、神社があると神社に参拝する。

今日も、家族ででかけると、いろいろな物理や化学の仕組みを見れるところに子供を連れて来たのだけど、
子供とパパはかなり盛り上がって楽しんでいるが、みこはそれにあまり乗りきれず、かなり手持無沙汰になってきた。(^^;)

パパに子供をお願いして、ふらふらと外に出た。


お店で昔ながらの手法で作られたという矢じり型の黒曜石を発見して嬉々として購入したあと、鎮守の神社があると看板をみたのを思い出した。


出ると先ほどは見逃していたのが不思議な目の前。
木々があり、鳥居があった。

由緒書きを読んだが、神社の名前と主祭神の関連性がわからない。
もうひとつ別の名前の神社名の看板だったような気もする。


静かではあるけれど、神威のようなものは感じがたい。

主祭神はM神となっている。
名前は、この神社を祭った会社と関連しているようで、何度か変わっているよう。

M神の神社であれば、別のワークをさせていただく可能性もあるけど、そういう流れにはなる感じはまったくしない。


みこはM神が脇神などでいらっしゃったり、小さなM神が主祭神の神社で、促されて何度かワークをさせていただいたことがある。

日本人の巫女の前世のようなものを3つ認識しているさくらは、このM神を一番近くに感じていた前世のような自分と重なり、本体のM神から純粋なエナジーを再チャージしてくるイメージでのワークをその場で何度かさせていただいていた。




ご挨拶し、ご開運をお祈りさせていただく。

「中から出してほしい」と・・・。





封印解除に関係するあの道具を使えばよいらしい。


どういうことなのか、よくわからないし、
この現場でのこのワークには不慣れに感じるし、時間もかかるだろうなので、
改めてお話させてくださいと、
ご開運だけお祈りさせていただいて神社を後にした。



ネットで調べると、この神社は、昭和の由来となっていて、会社の工場内で祭られていて、会社に関係する名前に変化していた。

有名なこの神さまが主祭神となっているなら元々、地元にあった神社が一企業の敷地となり、時代の事情などで、M神が歓請されて、主祭神が変わったのかもしれない。
だけど、本来何もないところからの昭和の歓請由来が本当なら、それはありえない。

そこまで調べて、みこは、また少しうんざりした。
わからない、ややこしいのは、めんどうだ。

わざわざこんなことにかかわるのは嫌だ。



さて、続きは、どうなりますでしょうか^^。



今日もみなさまに、よきことが怒涛のごとく流れ来て、歓びあふれますように☆
みこのも是非祈ってくださいませ^^



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

森山真名(まな・みこ)

  • Author:森山真名(まな・みこ)
  • Harmonious Creation
      (ハモくり)
      

    ハッピーコンサルティション、α-healing (Alpha-healing)ヒーリングセッションシリーズ、開運産土神社リサーチ、土地の浄化活性化、講座、その他の特別セッション、天命開名コンサルティション、心身エナジートリートメントメルマガ、さまざまな手法を駆使して豊かな開運をサポートします♪

    素敵な人生、日本、世界にしていきまっしょ☆


    エナジーカフェ、スターシップイベントを不定期に開催中。
    ほっこり、お茶しにいらしてね~^^


最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。