08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆麻賀多神社参拝☆

※無料☆放射能の影響を少なくするサポートエナジーの記事は →こちら(エナジーは数回改良しています。我が家は家族みなで毎朝受け取っています。山梨、関東~青森の方はどうぞ)

ご自身に、またボランティア活動としてお役立てください。
(ご紹介の場合は、ブログ名またはURLもご一緒にでお願いします)



遅れていましたが、神社参拝のご報告です。


定期的な神社参拝には、コンセプトがあります。
1・参拝神社のさらなる発展と、その地域や日本を守護してくださってるご存在の発展。
2・またそれが、地域と日本、世界の発展につながっていくこと。
3・参拝者(セッションを受けてくださった方)の開運


まあるくまあるく。



参拝は地震の当日の午前中だったのでした。

現在も日本列島まだまだ安定していないようで、神様方もまだ忙しくしておられますので、ご報告の機会を逃していました。



その日は、数か月おきに、参拝させていただいていて、この日を逃すとさらに2カ月ほど遅くなるかもしれないリミットと感じたので、おこないました。
行わせていただけてよかったと思います。

地震の前兆があったのですね。
道を間違えたり、おかしな日でした。
買い物によるところもあって、もっと余裕があるはずが大慌てでギリギリに帰ってきて、バス停に子供を迎えにいって、家についてホッとしたところの地震でした。


参拝では、セッションを受けてくださった方々のご開運をお祈りさせていただいて、セッション代金の一部と、私からのものをおさめさせていただきつつ、神社さまのご開運の祝詞をあげさせていただきました。



麻賀多神社(まかたじんじゃ)
(千葉県成田市船形834番地(奥宮))


奥宮に参拝させていただきました。

ちなみに、同じ成田市の台方にある神社(和久産巣日神を主祭神とする)が大宮となっています。
大宮は、日月神示が下されたことでも有名な神社です。
こちらは、以前参拝させていただいたこともあったので、今回は、参拝させていただきませんでした。


式内社 下總國印播郡 麻賀多神社

御祭神 稚日孁命

創祀年代は不詳。

社伝によると、日本武尊東征の際に、大木の虚に鏡をかけ、伊勢神宮に祈願されたのが始まりだそうです。。

応神天皇の時代、伊都許利命が、印旛国造として当地に来た際に、夢のお告げから、稚日霊命の霊示をうけ、大木の根本から玉を掘り出し、霊代として、和久産巣日神を併せ祀ったそうです。

共に麻賀多眞大神として 里人の崇敬を指導されてから 益々豊年と楽土が続いたそうです。

神命により, 後、推古天皇十六年(608)に、伊都許利命八世の孫・広鋤手黒彦が、現在の成田市台方に和久産巣日神を遷座し、それまでの社殿を奥宮とされたとあります。

境内社多数。


主祭神・・・稚日孁命

生田神社(神戸市中央区)や玉津島神社(和歌山県和歌山市)の祭神として知られています。

稚日女は天照大神自身(和魂とも)のこととも、幼名であるとも言われ、妹神や御子神であるとも言われています。

天高原の斎服殿で機織りをしていたと日本書紀に記載があります。

それからかなり時代が下り、神功皇后が難波を目指すも海を廻って進まずにいるので占いを行うと稚日女尊が現れ生田に祀れとお告げがあり、祀らせたとのこと。

稚産霊神が農業生産の神であり神紋である麻に対応した機織り等の産業を司る神です。玉津島神社では和歌の神様として有名です。


麻(ヘンプ)なのですね。
麻は古来から日本でたくさんに使われ神事にもなくてはならないものでした。
ですが、戦後、すたれたようで、現在、目にするのもわずかですが、今後、適切な使い方で大いに使われていくのかもしれません。(バイオプラスチック・油・壁用建材・・・・)





神様方、地震がおこることご存じだったのでしょう。
実際にはとても静かでしたが、ざわざわと落ち着かない参拝でした。
伊都許利命墳墓、こちらは静かでこの地域を力強く守護されているパワーを感じました。

こちらの御宮、となりは幼稚園なんです。
子供たちと静かな鎮守の御宮はとてもしっくりきます。
見守られている感じ。


この記事を書いていたら、つながりました。
地震で一旦仕切り直しになったけれど、これから開運の後押しのエネルギーを送ってくださるようです。(伊都許利命も含め奥宮である麻賀多神社(まかたじんじゃ)の大神様、仏尊の神々さま方から)
2、3カ月ぐらい続くかもしれません。


2010年6月 ~2011年3月10日までに、こちらで対面、メールセッションなどを受けられた方は、お名前などお伝えしてありますので、下記を念じられるとよいですよ。
(せずとも、後押しされますが、具体的に後押しされるのでよいと思います♪)


「麻賀多神社(まかたじんじゃ)の大神様、仏尊の神々さま、ありがとうございます。
○○していきますので、○○となりますように、開運の後押しのエネルギーをお願いいたします。」


PA0_0615.jpg



PA0_0618.jpg




今回最初から2社とも思っていましたが、ちょっと、ざわざわ感が気になって、私、もう一つお参りさせていただきました。
佐倉市総鎮守・麻賀多神社(まかたじんじゃ)

こちらにも半額お納めさせていただいて、祝詞をあげさせていただきました。
お名前もお伝えしてあります。

こちらも今つながらせていただきました。
サポートしていただけるようです。

「佐倉市総鎮守・麻賀多神社(まかたじんじゃ)の大神様、仏尊の神々さま、ありがとうございます。
○○していきますので、○○となりますように、開運の後押しのエネルギーをお願いいたします。」



何かいいことあったり、感じられたら、ご報告お待ちしています♪


今回の参拝時には祝詞とお金の奉納のみでした。
数か月あとで神社様には遠隔ワーク(神かえるワーク)奉納させていただく予定です。




前からもありましたが、最近、録画テレビや映画を見てるときにつながったところがあります。

こういうときに特別なことがあったりするのは、上の人や、神会からのサインでやってくるんでしょうかね。

私に参拝を進めてくださる方がいて、物理的には厳しいので遠隔でつながらせていただいたら、また何か特別なことがありましたということもありました。


これについては、また改めて書けたら記事にしますね。


無理して実際の参拝はせずともよいですが、実際の参拝はやっぱりとてもよいです。



こないだ、土地のワークの研鑽を友人と一緒にやっていて、友人が私のところを感じ取っていたら、前に感じ取ったとき以上に、たくさんの神様方のパワーを感じると言ってくれてました。
震災後、震災関連で、たくさんの神様、仏様方とワークさせていただいたからかもです。

他には、富士山からエネルギーがきてると。
4月に雲ひとつない富士山近くに一度伺ったからかな。
このときには神社は寄りませんでしたが、富士山とエネルギー感応があったりはしました。
必要があってこの地を訪れましたが呼ばれた感がありました。


その地を訪れ、その地にかかわる。
その地のものを食べ、空気に長く浸る。
親しみ度合いが違います。

やっぱり、実際の参拝に勝るものはないですね。
(まだしばらくは、私は、必要以上に遠くに動くつもりはないですが)




参拝の基本でもあり、この世に生を受けたルーツともつながる、産土神社は、肝心要の神社です。

要をおろそかにしていては、背骨の抜けた感じで、どうにもこうにも、もったいないことです。

震災でもいろいろよい守護の逸話がありました。


産土神社は、同じ家で生まれた方でも魂のつながりによって異なることがあります。


しっかりと自分の産土神社を知ることが大事です。


産土神社リサーチがまだの方は、ぜひ、お調べくださいね。




詳しくはこちらへ →こちら

もしくは、下記アドレスに直接お問い合わせください。
  ↓
oghin.ll☆kdn.biglobe.ne.jp



一生ものの産土神社リサーチ(鎮守神社リサーチ・守護度リサーチ・祝詞や参拝方法などの開運冊子)は、8800円です。


お得なエナジーメルマガもますます充実していってます♪
今回は、重要な大祓。
そして次回は、願望実現ワークがあります♪



今日も幸せたくさんありますように☆







スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

森山真名(まな・みこ)

  • Author:森山真名(まな・みこ)
  • Harmonious Creation
      (ハモくり)
      

    ハッピーコンサルティション、α-healing (Alpha-healing)ヒーリングセッションシリーズ、開運産土神社リサーチ、土地の浄化活性化、講座、その他の特別セッション、天命開名コンサルティション、心身エナジートリートメントメルマガ、さまざまな手法を駆使して豊かな開運をサポートします♪

    素敵な人生、日本、世界にしていきまっしょ☆


    エナジーカフェ、スターシップイベントを不定期に開催中。
    ほっこり、お茶しにいらしてね~^^


最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。